帰宅した妻が突然怒りモード!不機嫌になる理由と対策とは?

夫の留守番、感謝よりも怒られたケースが多い理由と対策


妻に頼まれて子供と留守番をしていたら、帰宅後不機嫌になり夫婦ケンカになったことはよくあるケース。せっかく留守番したのに、なぜ妻が不機嫌になるのでしょうか?
まずはモテダン編集部スタッフが、夫の留守番が嫌われるケースとその理由について調べてみました。

1・子供と一緒に遊びすぎて、部屋を汚くしてしまった…


普段子供と一緒に過ごす時間があまりないと、つい一生懸命になって子供と一緒に遊びに夢中になるのは仕方がありません。
しかし妻にとってはせっかくキレイにした部屋を散らかしてしまうのは、掃除をしたことを無駄にしてしまったと感じるのです。遊び終わったら父親も片付けることを自然に行うと、子供にとっては「片付けは当たり前」とすんなり受け止めるようになります。

2・子供に普段より多めにお菓子やおもちゃを買ってしまった…


これは夫だけでなく、祖父母が孫のためについたくさん買い与えてしまうことはあります。妻にお留守番を任されたとなると、余計張り切ってしまいませんか?
妻にとっては普段の子供との約束を、パートナーである旦那が簡単に破ってしまうことに腹を立てているのです。もし買ってしまう場合には、子供には「お父さんとの秘密の約束」にしましょう。
子供も大人も、必ず「逃げ場所」や「息抜き」は大事なもの。子供にとって安らぎを与えることができます。

3・子供と遊ぶつもりが、つい昼寝しちゃった…


普段仕事で溜まった疲れから、子供を昼寝させるつもりが自分が爆睡してしまう。休日だし、これは仕方がありません。しかし妻にしてみると、寝ている間に子供が危険な目に合わないか不安なのかもしれません。子供の昼寝時間は、妻にとって一番スムーズに家事を片付けやすいもの。妻が「旦那は、家事をやらない」と言ってしまうのもこれが原因なのかもしれません。

4・家事まで手が回らなかった…

妻にとって、旦那のお留守番は
「普段の自分がやっていることをおまかせしたい」
ということ。つまり自分と同じくらい、子供の面倒だけでなく家事もこなしてほしいという要求なのです。
ついいつもと同じように、子供と一緒に休日をのんびり過ごすだけではいけません。普段の生活で妻がどのように家事をこなしているのか、気にして見ることが大事です。

帰宅後不機嫌になった妻に、
「いや、俺なりに結構頑張って留守番していたんだけどな…」
と怒りと愚痴を言いたくなりますよね。
夫としては、
「今日はお留守番してくれて、本当に助かったわ!ありがとう」という感謝の言葉が欲しかったはず。こんなとき、深呼吸を3回ほどして心を鎮めましょう。

妻があなたが家事や育児を、十分にできないことに対して文句を言ってもまずは「なぜか?」を聞いてみてください。
そして解決も大事ですが、妻にとっては「普段頑張っている家事や育児が、どれほど大変なものか」を理解してほしいのです。

帰宅した妻が笑顔になる!モテる旦那の3つ秘策

せっかく頼まれた留守番、妻に笑顔で「ありがとう」の言葉を引き出すには、どうしたら良いでしょうか?
お金をかけたり、大変な重労働をすることなくほんの少しの努力で意外にも簡単に成功することができます。
帰宅した妻を笑顔にする、たった3つの方法をご紹介します。

仕事も家庭も報告は大事!普段のねぎらいの言葉もプラスする


仕事でも家庭でも、報告は大事。まずは留守番中のことを、報告しましょう。
ポイントは「これをやった。偉いだろう」という自慢になりすぎないように調整すること。
話の7割は、子供の様子。食事がどれくらい食べたか、昼寝はしたか。外遊びはしたかどうか。妻にとっては帰宅した後、家事・育児をバトンタッチするために「どのように過ごしたのか」の情報が必要です。上司に報告するよう、ダラダラとではなくポイントを踏まえて説明してください。
残りの3割は、「これができなかった」という報告。もし留守番がうまくできなかったら、普段どれほど家事と育児が大変なものかを実感した言葉を付け加えてください。

子供と一緒に、片付けや料理を1品でも用意してみる


留守番をしている間に、妻が普段している片付けなどの家事や料理を子供と一緒にしてみましょう。
普段家事を妻に任せきりの場合には、どこか一箇所の片付けでいいのです。お風呂だけ、玄関だけ、居間の窓だけなど。料理も1品だけ、子供と作って「妻の分」も用意してあげましょう。子供と一緒にやることで、子供への感謝と一緒に夫も褒めてもらいやすくなります。

妻の帰宅を喜ぶ「おもてなしの気持ち」を持とう!


仕事から帰ってきて、妻に「こうしてほしい」ことは何でしょう?ねぎらいの言葉のひとつも、欲しいと思いませんか?
だったら留守番の最後は、妻に対しておもてなしをしてみましょう。前述の妻への料理1品や、お酒を用意してみる。
アロマディフューザーを用意して、居間に香りを漂わせておくのも一番簡単なおもてなしでおすすめです。香りにはリラクゼーション効果がありますから、帰宅後の怒りやイライラも穏やかにする効果が期待できます。
妻へのプレゼントにおすすめアロマディフューザー特集 >>>


妻に頼まれた留守番を、うまくこなせば妻のイライラも笑顔へと変えることができます。
「留守番したんだから、妻に感謝してほしい!」気持ちをぐっと抑えて。
もうひと踏ん張りすることで、妻から愛されるモテる旦那になることができるチャンス!ぜひ試してみてくださいね。