夫が帰宅後、嫁が一番望むこととは?モテる旦那のデオドラント対策について

妻からニオイのクレーム殺到!旦那がクサイ


嫁から面と向かって「クサイ」と言われなくても、旦那さんの臭いに耐えられない主婦は半数以上います。
・旦那の枕カバーから油が酸化したような臭いがする

旦那の枕カバーの臭いが取れません
消臭効果を謳ってる洗濯洗剤で洗っても
臭いが落ちないです。(引用:yahoo知恵袋)

・洗濯カゴのYシャツと靴下の臭いに咳き込む

洗濯すると旦那の汗臭いシャツと一緒に洗った物は全部シャツの汗臭いニオイになってしまいニオイがとれません。(引用:yahoo知恵袋)

・スーツをクリーニング店でチェックするときクサイ
旦那さん用の洗濯を別にしたり、柔軟剤の香りでカバーするなど会社でも「クサイ」と思われないように嫁たちは意外と気を使っているのです。
「クサイのは、50~60代の加齢臭がし始める年代だけだろ!」
と他人事のようにデオドラント対策をしない30~40代男性。一番危険なのは、あなた達なのです。

50代からの加齢臭対策だけじゃダメ、働き盛りの30~40代がクサイ…


50~60代からの加齢臭だけではなく、30~40代男性が一番デオドラント対策をするべきなのです。
加齢臭の原因は、2-ノネナールという成分。30~40代の臭いは、ジアセチルという成分が原因なのです。

20代は脇から臭うのですが、30~40代になると頭とその周辺からジアセチルが分泌するのです。
しかもこのジアセチルは、「酸化した油のニオイ」がするのです。
主婦の多くが「旦那の枕がクサイ…」「Yシャツの襟元からニオイが…」と訴えるのと全く同じなのです。
働き盛りの30~40代男性のデオドラント対策について、調べてみました。

ニオイの原因ジアセチルを徹底的に対策

身体からジアセチルが、直接分泌するわけではありません。
日常で汗をかく

汗に含まれる乳酸がブドウ球菌により分解・代謝

ジアセチルが発生
つまりジアセチルの原因は、です。緊張する商談や、得意先からのクレーム対応など。男の職場では、大汗をかく場面が毎日でしょう。汗をかくのは、仕方ありません。
しかし汗をかいた後のデオドラント対策が重要です。
日常では汗拭きシートを持ち歩いたり、外回りから帰ってきたらデオドラントスプレーをスーツにしておくなど。面倒くさいかもしれませんが、ちょっと試してみましょう。

会社で疲れて帰ったら すぐにお風呂に直行


もうひとつのデオドラント対策が、帰宅後の入浴です。多くの妻たちが、「夜疲れていても、お風呂に入ってほしい」と切実に願っているのです。
「でも会社から帰ってきたら、家ですぐ夕飯と晩酌が唯一の楽しみで…」
お気持ちはよくわかりますが、「夜の入浴」するだけで
・妻と娘にモテる旦那になれる
以外に3つも良い効果があるとしたら、どうでしょうか?

入浴効果がもたらす、3つの効果

朝シャワーを浴びれば、夜の入浴と同じことと思いがち。しっかりお風呂に浸かる入浴効果は、身体を清潔にするだけではなく健康づくりにも効果があります。

血行改善で、肩こりやふくらはぎのこむら返り対策


温かいお風呂に入ると、身体が温まり血流が改善されます。デスクワークで長時間座ったままでは、肩や腰やふくらはぎの血流が滞りコリや張りとなります。入浴で血流が良くなることで、疲労物質を排出しやすくなり翌日に疲れが残りにくくなります。

ヒートショックプロテインが働き、細胞を修復


体内にあるヒートショックプロテイン(HSP)が、入浴による温熱作用により活性化。その働きでストレスを受けた細胞が修復します。ヒートショックプロテインには免疫力アップの効果もあり、毎日の入浴で風邪予防も期待できます。

会社のストレスを和らげる、リラックス効果


たっぷりのお湯に浸かると、水の浮力をフワフワと感じることでリラックス効果があります。人間はお母さんの羊水の中で、プカプカ浮いて過ごしてきたのです。張り詰めていた神経を解きほぐし、重力を感じることなく、温かいお湯の中でのんびり過ごしましょう。

女性がニオイに敏感です。新婚当初は「汗のニオイが好き」と言っていた嫁でも、年齢を重ねれば若い頃とニオイが違うことに気がついていただけたでしょうか?
デオドラント対策は、もはや30~40代にも必要です。お風呂とデオドラントグッズで、モテる旦那への第一歩を実践してください。