妻へのクリスマスプレゼントの準備、今なら間に合う!2017年の必勝法

クリスマスプレゼントは、子供だけでなく妻の分も準備しよう!


12月に入り、街はすっかりクリスマスムード。子育て真っ最中の家庭では、クリスマスプレゼントは子供のだけを準備しようとしていませんか?
妻にモテる旦那を目指すのならば、せっかくこのチャンスを逃してはいけません。妻へのクリスマスプレゼントを、こっそり準備しましょう。
「去年も、忙しくて妻へのプレゼントは渡していないし…」
そんな男性であれば、今年はこっそりプレゼントを渡すと「サプライズ感」が演出できます。妻も期待していなかった分、渡されたときには感動してしまうもの。
日頃の夫婦関係が上手くいかないときこそ、クリスマスの魔法で愛がよみがえることがあるのです。

クリスマスまで残り1ヶ月、妻の言動から欲しいものを探る


仕事で毎日忙しいと、自分のことで精一杯になりがち。しかしクリスマスプレゼントを用意するときこそ、相手の様子を徹底リサーチしましょう。
毎日生活を共にしていれば、あまり気に留めていない妻の行動や思考。
「今、妻が興味を持っているものは何ですか?化粧品やシャンプーは、何を使っているか?」
すぐに回答できる男性は、意外と少ないもの。

好きなアイドルグループや俳優さんに夢中なら、DVDを渡すのもいいでしょう。
好きなコスメブランドがわかれば、限定販売のコフレを準備しておくのも喜びますよ。
プレゼントで一番大事なのは、「あなたのことに、関心があります。大切にしています。」ということ。
普段すれ違いが多い夫婦関係であれば、残り1~2週間は刑事コロンボレベルのリサーチを行ってください。

妻へのクリスマスプレゼントの予算がない時には”サプライズ”で!


子供のプレゼント予算とは別に、妻にも準備する場合の問題はお金。
株価は2万円を超えて、日本経済は好景気と言いますが、実際の給料は据え置きかダウンしています。(業種によりますが…)しかも子供が幼稚園や保育園に通う年代では、将来の学費に備えて財布の紐をしっかりと締めていることでしょう。
コツコツト数か月前から、お小遣いから貯める準備ができれば一番良いです。しかし年末は忘年会シーズン。お小遣いでさえ、やりくりが難しいもの。もし自分用のクレジットカードがあれば、できるだけカード払いを利用するなどで対応しましょう。明細の管理は妻がしている場合は、「自分へのプレゼント代」の請求であれば文句はありません。
【関連記事】妻の誕生日にサプライズを!忙しい夫でも出来る秘策を公開します

サプライズが失敗した時、自分へのプレゼントでガッカリ対策


妻へのサプライズプレゼントの失敗は、意外と高い確率で発生します。
「ちょっと趣味があわない…」
「ん~、ちょっと微妙じゃない?」
など、感謝の言葉の前にズケズケと言うのも妻だからこそ。仕事の繁忙期中に必死に用意したプレゼント、悔しさもひとしおです。

こんな時に心が折れないように、必ず「自分用のプレゼント」を用意しておきましょう。
これは「モノ」でもいいですし、「コト」でもいいのです。
「今年も、仕事に育児に頑張ったな俺」
自分のことを、たくさん褒めてください。
年末年始にかけて仕事が忙しいですが、ぜひ乗り切って楽しいクリスマスをお迎えください。