妻の誕生日にサプライズを!忙しい夫でも出来る秘策を公開します


育児や仕事に忙しい妻の誕生日、思い出に残るサプライズをご紹介します。
いつもイライラしている妻に笑顔が取り戻せるような、簡単に出来るプレゼント作戦。嫁にバレないように、こっそりお読みください。

妻の誕生日にサプライズをオススメする理由


妻の誕生日のサプライズは、毎年しなければいけないのでしょうか?反対に毎年サプライズを行うのは逆効果となり、決してオススメいたしません。
サプライズですから、毎年仕掛けるのはこちらの労力も大変ですし、妻の方も身構えてしまい面白みがありません。サプライズは、相手の不意を突くから効果があるのです。
・最近の誕生日プレゼントが、マンネリ
・結婚○周年など、大きな区切りの年
・最近嫁との交流や会話が少ない
またサプライズは「誕生日の予算を少なめで、その代わりに手間をかける」時にも有効。子育て世代は、将来の教育費を考えて夫へのお小遣いも少なめ。プレゼント予算を抑えて、サプライズ作戦に手間と心を込め妻の心に響かせましょう。

「誕生日サービス」のあるレストランに予約で、妻にサプライズ


妻と久しぶりの恋人気分を味わいたい時は、二人でレストランで食事はいかがでしょうか?
子供を実家の両親に預けられるようでしたら、レストランのランチやディナーを前もって予約しておきましょう。ここでポイントは、「誕生日サービス」のあるレストランを選ぶこと。
「誕生日サービス」は、プチケーキやバースデープレートとして食事の最後にスタッフからサプライズ演出をしてもらえます。無料の場合もあり、お小遣いの予算に余裕がないときにはありがたいサービス。名前が入ったバースデーケーキも、別オプションで注文しておくことができます。(有料の場合もありますので、ご予約時に確認が必要です)
【関連情報】大切な人の誕生日のお祝いに『一休の誕生日におすすめのレストラン特集』

誕生日前夜に部屋を飾り付け…。朝が早い妻へのサプライズ


「今月のお小遣いがピンチ!それでも妻の喜ぶ顔が見たい!」と願う旦那さん向けのサプライズです。
奥さんの誕生日の前夜に、居間を「誕生日向けに飾り付け」。毎日残業続きで帰宅が遅い時に、「先に寝てていいよ」と奥様にLINEでメッセージを送っておきましょう。
家族の中で奥さんが一番早起きであれば、最も効果的なサプライズ。
テーブルの上に「バースデープレゼント」を、メッセージと一緒に置いておくのもロマンチックです。
忙しくて疲れている妻の顔が、その日一日は笑顔になること間違いありません。

残業続きでも…。メッセージ付きバラの花束で妻にサプライズ


残業続きで、育児と家事のほとんどを妻におまかせしている男性向けです。
顔を合わせて、ゆっくり会話する時間もなかなか取れずプレゼントに迷ったらバラの花束にしておきましょう。
有名フラワーショップの「誕生日向け花束サービス」で、事前に注文をしておきましょう。
【関連記事】嫁の誕生日に花束のプレゼントで、ロマンティックな夜を過ごす秘訣とは?
ポイントは「花束にメッセージをつけておくこと」です。「誕生日おめでとう」以外の文章に悩んだら、参考になる例文もあります。
日比谷花壇公式サイト >>>
icon

オリジナルのメッセージを、カードに依頼することができます。

フラワーギフトで人気の「日比谷花壇」では、オリジナルメッセージを指定できる「メッセージカード」も一緒に注文するできます。
「いつも笑顔でありがとう」など、日頃直接言えない感謝の言葉を送ってあげてください。
日比谷花壇「誕生日特集」 >>>
icon

愛する妻にオリジナルプレゼントでサプライズ


最後はブランド品もいいですが、大事な妻に贈るオリジナルプレゼントをサプライズにしませんか?
結婚してから長い間生活をともにしているからこそ、ケンカしても良きパートナーの妻。妻の好みをイメージして、オリジナルの本革製品をプレゼントしましょう。

オーダーメイドの注文ができる【JOGGO】は、長財布・IDカード・名刺入れ・Iphoneケースなど種類が豊富。名入れや色の組み合わせも、選ぶことができます。
メンズアイテムも取り扱っていますので、ペアで購入するのもおすすめです。
革製品のカスタムデザインJOGGO

アクセサリー職人のハンドメイド工房Ajina(アジナ)の「イニシャル・ペンダント」でサプライズもおすすめ。
すべてオリジナルで作られるアクセサリーは、シルバー板から一つ一つくり抜いて丁寧に作られます。他にも誕生石を入れられるティアードロップのペンダントや、ペアのアクセサリーもあります。
職人のハンドメイド【イニシャルネックレス・ペアネックレス】公式サイト>>>

結婚5年目、10年目などの節目の誕生日や、最近すれ違いばかりが多い時にはサプライズの誕生日で一気に二人の距離を縮めてみましょう。
普段言うことができない感謝の気持ちと、変わらない愛情を一緒に妻に伝えることもお忘れなく!