嫁の怒りが静まる、モテる旦那のスマート家事協力術!

家事をめぐる嫁とのバトルが怖い夫が急増中


休日に家事を手伝ってますか?
「家事は、ほとんど私ばかり。少しは手伝って!」
と怒りながら嫁に言われれば、やる気は萎えてしまうもの。中高生時代に、母親に「勉強しなさい!」と言われていた嫌な記憶を思い出します。
しかし家事を手伝う夫のほうが、妻もご機嫌。特に共働きであれば、「育児も、家事も協力して!」と強制されることでしょう。

家事を手伝っても、嫁にキツイ態度で怒られる


家事を手伝う気持ちがあっても、イライラする妻から言われるキツイ言葉に「家事を進んで協力する」気持ちが萎えてしまう夫も少なくありません。
家事を協力しても、
「食器の洗い方が違う!」
「掃除してもらったけど、あなたがやると手間がかかる」
など、ヘビー級なパンチをみぞおちにバンバン入れてくる妻。
大人の男性として社会的な地位、プライドもある夫にとって「家事を手伝う」はやってもやらなくても苦行でしかありません。

家事を手伝わないと、嫁の怒りが倍増…


妻のキツイ対応で嫌になる「家事」、それでも手伝わないと怒りは倍増。
「付き合っている頃は、あんなに優しい態度だったのに…」
と昔を懐かしんでいる場合ではありません! モテる旦那になるためには、家事を率先してやるしかありません。
しかし妻から言われる前に、自分で進んで家事をすれば解消できます。
実は妻が不満を持たない、とっておきの”モテる旦那向けの家事”があるのです。

モテる旦那になる、嫁が惚れる家事協力術とは…

普段妻が掃除をしている部分は、相手の得意分野なのです。そこでいくら競っても、妻からはダメ出しをされる可能性が高いのです。
つまり”妻が苦手、または好きではない家事”を、進んでやることで問題は解消されるのです。
それでは「妻が苦手・嫌いな家事」を、具体的に上げてみましょう。

・お風呂の排水口掃除


髪の毛や石けんカスが溜まり、ニオイもするので妻はあまり好きではありません。でも排水口は、つい気になる部分。だからこそ進んで掃除をすると、妻の好感度は上がります。洗面所の排水口も同じ理由でおすすめです。

・トイレ掃除


汚くなりやすい場所ですが、掃除する面積が非常に少ない上に掃除をすれば「感謝度が増す」非常にオイシイ掃除箇所。便器だけではなく床掃除も、トイレットペーパーの補充もしておけば更に喜ばれます。

・布団干し

意外に布団は重く、干すのも取り込むのも重労働。土日の天気の良い日に、「布団、今日干す?」と声をかけてくれるだけでも喜びます。もちろん布団の取り込みもセットでやりましょう。

・ゴミを出す


出勤がてらに「収集所」に持っていくだけ。お互い出勤と子供を送り出す準備で忙しい時に、大きなゴミを出してもらうのは大助かり。お父さんがやるようになると、子供が大きくなるとゴミ出しを手伝ってくれる効果もあります。
しかし家事をめぐって、夫婦仲が悪化するのは問題。お金を払って、プロにお願いするのも方法の一つ。
「いつもありがとう」と妻にプレゼントするのも、喜ばれます。


モテダン編集部がリサーチした「おすすめの家事」はいかがでしたか?
一つだけでもできる家事があったら、ぜひお試しください。妻にとっては「家事を手伝おう」と努力している夫の姿も嬉しいもの。お互いに家事をしたら、「ありがとう」と一声ほしいですね。
力仕事やちょっと汚い仕事を男性がする姿は、娘にとって「お父さんは、女性を大切にしてる」とアピールすることができます。もちろん妻だけでなく、娘にもモテること間違いありません!