モテる旦那は冬もニオイ対策!簡単デオドラントで、妻の愛を取り戻そう


「夏も終わったし、デオドラントグッズも出番が終わった…」
夏のスーツと一緒に、消臭グッズを片付け始めた夫たち。冬のほうが、デオドラント対策を強化したほうが良いって知ってました?
モテる旦那になるべく努力をしている男性の皆さんに、その理由について説明していきますね。

モテる旦那のデオドラント対策は、秋冬も必要か?


夏にデオドラント対策する理由は、もちろん暑さで汗を大量にかくから。冬になれば寒いので、額や背中に大汗をかくことなんてあまりないでしょう。
だからこそ「秋冬になったら、臭い対策は不要」と考えるのも無理はありません。
でも本当に、冬はデオドラント対策は不必要なのでしょうか? 実は必要になる理由が、あるのです。

意外と臭いが気になる、冬用スーツの汗のニオイ


冬になると、スーツの生地もウールが混ざり厚くなってきます。もちろん外回りや通勤で寒風にさらされるので、スーツもコートもなるべく暖かいタイプに切り替わります。
冬用のスーツこそが「臭い」の大きな原因。
暖房が効きすぎて暑いとき、汗をかきますが夏の薄めのスーツなら通気性が良く臭いがこもりにくいもの。冬の厚みのあるスーツの場合は、汗の水分がスーツの中にとどまります。たっぷり汗をかいて帰宅する頃には、スーツに染み込んだ汗に雑菌が繁殖して「臭い」となります。

モテる旦那になりたければ即実行!冬のデオドラント対策

冬に行うデオドラント対策は、「帰宅時のスーツのお手入れ」を重点的に行いましょう。
スーツを毎日クリーニングに出すのは、もちろん経費面・手間もかかるので難しいですね。そして毎回スーツのケアを嫁にお願いするのは、また夫婦げんかの種になりかねません。
簡単な方法をご紹介しますので、ぜひ「モテる旦那」になるための第一歩。チャレンジしてみましょう。

1・スーツを風呂場にかけておく


 スーツに軽く蒸気を当てると、水蒸気と一緒にニオイ成分が移ります。1日着ていたスーツの臭いを、お風呂場の蒸気を利用してしまうのです。ハンガーに吊るして、シャワーカーテンにかけて翌朝まで置いておきましょう。ズボンについたシワも直る効果もあるようです。

2・霧吹きでスーツを濡らし、タオルで拭き取る

霧吹きでスーツに水を吹きかけた後、タオルでトントンと叩きながら水分を拭き取ります。汗などの臭い成分が水に移り、タオルで拭き取ります。寒い日は翌朝までには乾かないことがありますので、1日陰干しておきます。

3・消臭剤をスーツの内側に吹きかけておく


帰宅後脱いだスーツの内側に、消臭剤を吹きかけておきます。あくまでもスーツの表面ではなく、汗で蒸れやすいのは内側です。裏地に向かって、スプレーしてください。選ぶ消臭剤は、無臭タイプがおすすめ。一番簡単なデオドラントケアかもしれませんね。
急速分解消臭なら「いい快互服ドットコム」

冬になるとつい疎かになりがちな、デオドラントケア。
年末には忘年会が重なり、スーツに臭いがつく機会が多くなります。今から「帰宅後の習慣」にしておけば、辛くありません。
嫁に「あなたのスーツ、クサイ…」と嫌われてしまう前に、スーツを脱いだ後簡単にニオイ対策しておきましょう。