嫁の誕生日に花束のプレゼントで、ロマンティックな夜を過ごす秘訣とは?

妻の誕生日プレゼントに、花束は嬉しい贈り物。でも厳しい女性にとっては、想像していた贈り物と違っていた場合不機嫌になる原因にもなります。
妻に渡す花束、失敗せずロマンティックな夜を過ごせるために幾つかのポイントをご紹介します。

誕生日プレゼントの花選びの参考に、花言葉を学ぶ

妻への誕生日プレゼントに使う花、「きれいな花なら、別にどれでもいいよ…」というのはもったいない。
せっかくですから「花言葉」を参考に選び、さりげなく妻に「花言葉の意味」を教えてあげるのもロマンティックです。結婚前と同じくらい、少しばかりの演出も大事です。
・赤いバラ=「あなたを愛しています」 ・ピンクのガーベラ=「熱愛」 ・ひまわり=「あなただけを見つめています」 ・赤いチューリップ=「愛の告白」 赤いカーネーションにも素敵な花言葉がありますが、母の日のイメージが強いので控えたほうが良いかもしれません。

誕生日プレゼントは余裕を持って用意をするのが一番!

プレゼントは、余裕を持って準備をするのが鉄則です。

なぜなら誕生日や記念日などの特別な日に限って、絶対仕事でトラブルやクレームが発生し「定時で帰る!」宣言が撤回されることが多いからです。
花束を持って歩くのは恥ずかしいから、自宅近くのお花屋さんで購入するつもりでいる方は要注意です。会社の近くで昼休みの時に購入するのが良いでしょう。
または、ネット通販で「花束」を事前に購入しておくのもおすすめです。
ネット通販で購入する場合は、「誕生日の1週間前」に注文を済ませてきましょう。 注文~出荷まで受注生産で時間がかかる場合や、カード決済のトラブル配送トラブルで希望日に届かない場合があるからです。
大事な記念日こそ、慎重に時間に余裕を持って行動するのがおすすめです。

プレゼントの予算は?金額ごとの花束の違い

気になるのが、プレゼントに贈る花束の予算ではないでしょうか?
子育て世代で教育費がかさみ、もちろんお小遣いも妻から管理されている旦那の場合「5000円~1万円」が限度ではないでしょうか?
5000円程度であれば、全額花束代に振り分けてしまうのが良いでしょう。季節によるのですが、予算3000円ほどの花束はちょっと見栄えがよくありません。「バラの花を入れてください」など希望を入れてしまうと、本当に小さい花束でがっかりさせてしまうからです。
花束の予算が1万円であれば、「赤いバラ」など高めの花が入るので豪華な花束が出来上がります。
【お花の通販サイト】
誕生日ギフト【イイハナ・ドットコム】

頑張ってプレゼント予算が「2万円」であれば、花束だけでなくアクセサリーや口紅なども一緒に渡すのもおすすめ。花束だけに2万円すべてかけるのは、ちょっともったいない気がします。

結婚した後は、母の日以外女性にとっては花束を男性からもらう機会はありません。今年はロマンティックな気持ちを込めて、花束をプレゼントしてみませんか?